• アレグラの5つの特徴
  • 購入に関する情報
  • トップへ戻る

鼻炎Q&A

秋は身近な雑草の花粉が原因に

花粉症といえば春のスギ、ヒノキのイメージが強いのですが、実は秋にも原因となる花粉は飛んでいます。秋の花粉症の主な原因は、空き地などに繁殖する雑草で、キク科のブタクサやヨモギ、アサ科のカナムグラ、イネ科のカモガヤが代表的なもの。これらの草が開花期を迎える9~11月に花粉が飛散し、花粉症を引き起こします。

秋の花粉症の主な原因、
ブタクサ・ヨモギとは?

ブタクサ、ヨモギは全国的に分布しているキク科の植物です。開花時期は8月~10月頃、ブタクサは黄色、ヨモギは紫褐色の花を咲かせます。
主な生育場所は、道端、公園、河川敷などの身近な場所が多く、春花粉のスギや、ヒノキと比べて背丈が低く、通常あまり広範囲には飛散しません。(飛散距離は数十~数百メートル)

ブタクサ・ヨモギの豆知識

秋はハウスダストも増える季節

花粉以外の秋のアレルゲンとして意外と知られていないのがハウスダストです。ハウスダストとは室内にたまるホコリ(室内塵)のことで、ダニの死骸やフン、カビなどが含まれています。
ダニは夏に繁殖しますが、秋になると一斉に死んでしまいます。このため、秋はダニの死骸やフンが増加・蓄積し、ハウスダストによるアレルギー性鼻炎が増えるのです。
アレグラFXは、花粉だけでなくダニなどのハウスダストによる鼻炎にも効果があります。

秋はカゼと間違えやすい季節です

夏から秋にかけての季節の変わり目はカゼをひきやすく、鼻みずやくしゃみをカゼと思いこんでしまうこともあります。症状の起こる時期や熱の有無などを見て、病院や薬局、薬店に相談しましょう。

> アレルギー性鼻炎とカゼの見分け方

日常生活でできる対策法

幸いなのは、秋の花粉症の原因植物は高さがせいぜい2メートルほどと低いこと。上空の強い風に運ばれて数キロ先まで飛散する春のスギとは違い、数十~数百メートルしか飛散しません。原因となる雑草に近寄らないだけでも十分予防になり得ます。主な予防方法には以下のようなことが挙げられます。

[監修]慶應義塾大学医学部 耳鼻咽喉科 頭頸部外科学教室 講師 神﨑 晶 先生

鼻炎Q&A

  • 春だけじゃない!?花粉症の原因って?
  • 夕方になるとつらくなるのはなぜ?
  • 薬を飲むと集中力が 低下するのはなぜ?
  • インパフォとは? 専門家コメント
  • 秋にも花粉!?ハウスダストって?

知っておきたいアレルギー性鼻炎と薬のこと

  • お役立ち情報はこちら
  • 鼻炎Q&Aはこちら

アレルギー専用鼻炎薬「アレグラFX」