• 購入に関する情報
  • トップへ戻る

アレグラFXとは

口が渇きにくい

だ液分泌への影響が少ないからです。

抗ヒスタミン薬を服用すると、だ液の分泌が少なくなって、口が渇くことがあります。アレグラFXは、第2世代の抗ヒスタミン薬のため、だ液分泌への影響が少なくなっています。 さらに、だ液の分泌を減らす副交感神経遮断薬(抗コリン薬)も配合されていないため、口が渇きにくいのです。

アレグラの5つの特徴

  • 1日2回※の服用で、24時間しっかり効く(※1回1錠)
  • 眠くなりにくい
  • 集中力が低下しにくい
  • 口が渇きにくい
  • 空腹時にも飲める

薬局・薬店・インターネットでの購入について