• アレグラの5つの特徴
  • 購入に関する情報
  • トップへ戻る

お役立ち情報 2017年の花粉飛散量は?

2017年スギ・ヒノキ花粉飛散予測マップ

2017年スギ花粉飛散開始の予測前線図

花粉の飛散数は一部の地域を除き多くなる見通しです。

【監修】NPO花粉情報協会 事務局長 佐橋紀男先生

※サイト内の記述、画像、写真の無断転載・転用を禁止します。

花粉症の症状を感じたら早めにアレグラFXを!

花粉症などのアレルギー症状は、放っておくと重症化・慢性化することがあります。
「アレグラFX」は、出てしまったアレルギー症状を鎮めるだけでなく、症状を引き起こす物質が体内に放出されないよう、元から抑える働きをあわせ持っています。症状の重症化を抑えるためにも、花粉飛散予測日から、又は、症状が出始めたら早めの服用をおすすめいたします。もちろん症状がつらくなってからでもご使用いただけます。

花粉飛散開始日と初観測日の違い

花粉飛散開始日は、ロータリー法で1平方センチメートルあたりの花粉数が2日連続して1個以上になった最初の日のことを言います。

※ロータリー法…一定の装置の上にガラスの板(プレパラート)を置いて、24時間ごとに交換し、
それに付着した花粉の数を顕微鏡を覗いてカウントする計測方法。

初観測日とは、1月1日以降、1個でも花粉が観測された最初の日のことを言います。
スギの開花日は個体により異なりますので、飛散開始日以前でも、計測にかからない程度の少量の花粉が飛ぶことがあり、症状を発現している患者さんもいます。

あまたつに挑戦!花粉予報の達人!

お役立ち情報

  • 2017年の花粉飛散量は?
  • 花粉カレンダー
  • 花粉症 簡単チェック
  • アレグラ豆知識

知っておきたいアレルギー性鼻炎と薬のこと


アレルギー専用鼻炎薬「アレグラFX」