• アレグラの5つの特徴
  • 購入に関する情報
  • アレグラFXジュニア
  • トップへ戻る
× 残念
「気象条件が一定の場合、都市部では、花粉ピークは
1日2回ある」は、正しい説明です。

気象条件が一定の場合、早朝から飛散しはじめた花粉は、午前中にスギやヒノキ林周辺から郊外、住宅地、都市部へと飛散していきます。この飛散量は昼ごろまで高いまま維持されていますが、午後にいったん鎮静化して日没前後(夕方)に再び多くなります。

詳しくはこちら>

もう一度チャレンジ

知っておきたいアレルギー性鼻炎と薬のこと